ご挨拶・概要

   

 昨年度は世界的な新型コロナ感染拡大と同時に国内、県内においても感染拡大となり、緊急事態宣言等が出されるなど経済や教育、日常生活まで制限されるなどこれまでにない経験をいたしました。今年度は早期の収束を祈るのみです。

 さて、公益財団法人日本教育公務員弘済会沖縄支部は「将来社会に貢献し得る有為の人材を育成するため学生・生徒に対する奨学金の貸与及び給付、教育一般の特に有益な研究に対する助成等を行い、教育、文化の向上、発展に寄与するとともに、教育関係者の福祉の向上を図る」ことを目的に1973年7月1日に公益財団法人日本教育公務員弘済会の前身である(財)日教弘の支部として発足しました。公益財団法人日本教育公務員弘済会は2012年4月に内閣府より公益財団法人の認定を受け、新たなスタートを切り今年で9年目を迎え、「民による公益の増進」に寄与し社会貢献を図るため「最終受益者は子どもたちである」ことを前提に事業を展開しています。三大事業として①教育振興事業(貸与奨学事業、給付奨学事業、学校・教育団体・教職員への研究助成事業等)②教職員が安心して働き、生活していくための福祉事業③共済事業(提携保険事業)としてジブラルタ生命と提携して教職員が万が一の場合の保障に備える教弘保険を提供しています。共済事業から発生する契約者配当金が諸事業の財源となっています。今年度は福祉事業に「教員免許更新補助」を新設しました。今後とも県内の教職員が安心して教育に専念できるよう、教育関係諸団体と連携を図りながら、更なる事業の発展を目指して頑張っていく所存でありますので皆様方のご理解とご協力、ご指導をお願い申し上げます。

2021年4月1日

公益財団法人 日本教育公務員弘済会沖縄支部 支部長 上地 弘志

日教弘 沖縄支部 幹事・運営委員・監査・参事名簿